本文へスキップ

「いつでも どこでも だれでも」
 幅広い年代で楽しめる生涯スポーツ

 

 ビーチボールとは


1978年、富山県下新川郡朝日町で考案され、
子どもから高齢者まで年代を問わず、誰でも参加しやすいように工夫されたスポーツです

誰でも参加しやすいという利点を活かし、近年、小学校では子ども達の学校対抗競技として
ビーチボールが採用されている地域が増えてきました。
また、小中学校のPTA競技としても採用され始め、これをきっかけにビーチボールの楽しさを体感し、
本格的に生涯スポーツとして取り組む方も増えています。


いつでもどこでも気軽にできる生涯スポーツ
として、一緒にビーチボールを楽しみましょう。

 主なルール


バドミントンコートに高さ180cmのネットを張り、直径27cmのビーチボールを使用し3打で返球するという
バレーボールに近い独自のルールを設定した、4人制競技です。

チーム
チーム編成は、1チーム監督1名、選手6名以内。

審判員
審判員は、主審、副審、線審、得点掲示員によって運営される。

審判員の服装
協会及び都道府県ビーチボール協会が指定する大会では主審・副審は、協会が指定する公式の審判服を着用する。
線審も指定審判服の着用に努める。

ユニフォーム
ユニフォームはチームで統一しなければならない。
・前後とも中央につける。
・番号の大きさは前に12〜14cm、後ろに14〜16cmとする。
・監督は1番、主将は2番、他の選手は3〜7番とする。

着用品
選手は負傷を引き起こす可能性のある物やプレー上有利になるような物を身につけてはならない。
・ 選手は肘より下にいかなる物も着用してはならない。(ブレスレット、健康リング、サポーター、バンド等)
・ 負傷等でやむを得ず肘より下にテーピング等をして試合に出場する場合は主審の許可を得なければならない。
(肘のサポーターは着用可)
・主審の指示に従わない選手の出場は認めない。

ゲームの勝敗
1試合における競技セット数は、3セットとし、2セットを先取したチームを勝者とする。
9点を先取したチームを、そのセットの勝者とする。
両チームが各々8点を得た場合には、2点を勝ち越したチームをそのセットの勝者とする。
★東京都ビーチボール協会独自のルールでは、ラリーポイント15点を先取したチームを、そのセットの勝者としています。
 (注意)サーブポイントルールを採用する試合もあります。



<参考までに>

より詳しいルールについては...
 ビーチボール・ルールブック/朝日町ホームページ (town.asahi.toyama.jp)

●ビーチボールとは(YouTube台東区公式チャンネル)
 https://www.youtube.com/watch?v=XmE0z1tzDzY


このページの先頭へ












*

ビーチボールとは...


ビーチボール一般開放

ビーチボールに興味を持たれた方は
一般参加の開放に是非参加してみて
ください

ビーチボール用具販売先

ビーチボール関連用具の購入先を
ご紹介します

他県協会 他関連先

日本協会・全国各地協会
その他の関連先ホームページは
こちらから

掲示板

情報発信用としてご利用ください。
 入力時の必須項目は、
 投稿者・題名・内容です。