本文へスキップ

「いつでも どこでも だれでも」
 幅広い年代で楽しめる生涯スポーツ


プレーを楽しむために必要な基礎知識を学びましょう
(日本ビーチボール協会公認のオフィシャルブック『BEACH BALL TEXT』より引用させていただきました)

 ※スライドショー画面右下の『ページを新しいウインドウで開く』を押すと拡大画面で表示されます。

Introduction


 

●ゲームの基本
 ・チーム構成
 ・ゲームの進め方
 ・勝敗の決め方
●使用コート
 ・コートの大きさ

●用具
 ・ボールのサイズ
 ・ユニフォーム&シューズ

Lesson.1 パス





●パスの種類
 1.オーバーハンドパス
 2.片手でのオーバーハンドパス
 3.両手でのアンダーハンドパス
 4.片手でのアンダーハンドパス
 〜Step-up Pass〜
 5.フライングレシープ

Lesson.2 トス





●トスの種類
 1.直上トス
 2.オープントス
 3.平行トス
 4.2段トス
 〜Step-up Toss〜
 5.クイックトス
 6.バックトス

Lesson.3 アタック&ブロック




●アタックの基本
 1.オープンアタックの基本
 2.レフトからのオープンアタック
 3.ライトからのオープンアタック
 4.クイック
 〜Step-up Attack〜
 5.フェイント
 6.バックアタック
 7.スタンディングアタック
 8.ワンタッチ

●ブロックの基本
 1.ブロックの跳び方
 2.移動のしかた

Lesson.4 サーブ


 

●サーブの打ち方
 1.サーブの基本
 〜Step-up Serve〜
 2.ドライブサーブ
 3.変化球サーブ

用語解説  ビーチボールでよく使われる用語の解説

●  ................................................................................................
オブ・バウンズ

 ボールがコート外の床や物に触れること。
アウト・オブ・ポジション
 サーブを打つときに、正しい位置に選手がいないこと。
アタッカー
 アタックを打つ選手。スパイカーともいう。
アタック
 ネットを越えて相手コートへボールを打ち込むこと。スパイクと同じ。
アンダーパス
 主に腰から下のボールを、平手またはくみ手で上げるパス
アンテナ
 ネットの支柱に取り付ける棒。ネット上より80cm出るようにして10cm間隔で赤と白に
  塗り分けられている。

●  ................................................................................................
インナー
 逆サイド方向へネットに対して浅い角度で打ち込むスパイク。
インプレー
 サーブが打たれてから、得点や反則でプレーが終わるまでのこと。

  ................................................................................................
ウォーミングアップ
 本格的な競技を開始する前の準備運動。

●  ................................................................................................
エンドライン
 コートを囲むラインのうち、ネットと平行に引かれている2本のライン。

●  ................................................................................................
オーバータイムス
 味方の選手が連続して4回(ネットに当たった場合は5回)以上ボールに触る反則。
オーバーネット
 アタックやブロックのときに、手がネットを越えて相手コート上のボールに触れる反則。
オーバーパス
 主に腰から上のボールを両手のひらや指で上げるパス。
オープン攻撃
 アタッカーがネット左右サイドから打つ基本的な攻撃方法。

●  ................................................................................................
クイック攻撃
 相手のブロックをかわすために、セッターとアタッカーが連携して行う速い攻撃方法。
 トスの高さと方向によってABCD4パターンがある。
クールダウン
 運動後に体を落ち着かせるためにストレッチを行い、筋肉のほてりを鎮めること。
クロス
 
相手コートの対角線方向へ打つスパイクのこと。

●  ................................................................................................
コンビネーションプレー
 セッターとアタッカーが連携するプレー。
コーナー
 コートの四隅のこと。自分のコートのコーナーは2カ所+相手コートにも2カ所ある。

●  ................................................................................................
サイドアウト
 サーブ権が移動すること。
サービスエリア
 ネットに向かってコートの右側で、ハーフライン、サービスライン、エンドラインに囲まれた部分。
サーブ
 ラリーがはじまる際、前衛右の位置にいる選手が、主審の笛を合図に5秒以内にサービス
  エリア内からボールを打ち出すこと。

サーブ権
 サーブを打つ権利。
サービスライン
 センターラインから198cm後方でセンターラインと平行に引かれたライン。
サイドライン
 コートを囲むラインのうち、長いほうの2本のライン。
サーバー
 サーブを打つ順番の選手。
サービングチーム
 サーブ権のあるチーム。
サーブカット
 相手のサーブをうまくレシーブすること。

●  ................................................................................................
支柱
 ネットを張るポールのこと。
シートレシーブ
 レシーブの練習方法のひとつ。レシーブ隊形を作り試合形式で行うこと。
ジャンプサービス
 サーブを打つときに両足の一部が床から離れる反則。
助走
 勢いをつけるために、ジャンプの位置まで走ること。
シングルハンドパス
 片手で上げるトス。

●  ................................................................................................
スターティングメンバー
 各セットの開始時にコートに入っている4人の選手。
ストレッチ
 筋肉を無理のない程度で最大限に伸ばすことで、体を柔軟にするトレーニング方法。
ストレート
 サイドラインと平行に打ち込むスパイク。
スナップ
 手首を返す動作。
スパイク
 アタックと同じ。
フライングレシーブ
 滑り込んでレシーブすること。

●  ................................................................................................
セッター
 トスを上げる選手。
センターライン
 ネットの真下で両サイドラインを結び、コートを2分するライン。

●  ................................................................................................
体幹
 いろいろな使われ方があるが、主に体の中心軸になる筋肉のこと。
ダイレクトスパイク
 相手から返ってきたボールを直接スパイクすること。
タイムアウト
 ルールで認められたゲームの中断。1セットに1回30秒間許される。
タッチネット
 プレー中に選手がネットに触れる反則。
ダブルファウル
 両チームが同時に反則を犯すこと。ノーカウントで再プレーとなる。

●  ................................................................................................
チェンジコート
 両チームがコートを入れ替わること。各セット間と3セットの5点目に行う。
チャンスボール
 相手のミスなどで、攻撃側に有利になるボール。
直上トス
 セッターが自分の頭上へ上げるトス。

●  ................................................................................................
ディレーイング・ザ・ゲーム
 サービスの5秒ルールを守らないなど、故意にゲームの進行を遅らせる反則。

●  ................................................................................................
トス
 主にスパイカーに上げるボール。
ドライブサーブ
 ボールに前進回転をつけて打つサーブ。
ドリブル
 1人の選手が連続して2回以上ボールに触れる反則。

●  ................................................................................................
2段攻撃
 コートの後方からトスを上げて2打攻撃すること。
2段とス
 2段攻撃のためのトス。

●  ................................................................................................
ネットプレー
 ネットに当たったボールを処理すること。
ネットボール
 ネットにボールが触れること。ゲームはそのまま続行される。ネットにボールが引っかかった場合は、
  ノーカウントで再プレーとなる。

●  ................................................................................................
ノーカウント
 どちらのポイント、サイドアウトにもならず、プレーのやり直しになること。

●  ................................................................................................
パス
 味方プレーヤーにボールを渡すこと。
バックトス
 セッターが自分の後ろへ上げるトス。
バックプレーヤー
 コートの後ろ側にポジションがある選手。
ハーフライン
 コート中央にサイドラインと平行に分かれたライン。コートを縦2分する。
ハンドシグナル
 審判の手、動作によるジャッジ。

●  ................................................................................................
ファウル
 反則
フェイント
 相手のタイミングを外すためにスパイクのフォームから緩いボールを相手コートに落とす攻撃。
フォーメーション
 攻撃や守備を行うためのチームの構成。
フォワードプレーヤー
 コートの前側にポジションのある選手。
フットフォールト
 サーブの瞬間にサーバーがラインを踏む反則。
フットボール
 腰から下でボールに触れる反則。
フライングレシーブ
 飛び込むようにレシーブすること。
ブロッカー
 ブロックする選手。
ブロック
 相手のスパイクをネット際で止めること。
ブロックアウト
 スパイクしたボールがブロッカーの手に当たってアウト・オブ・バウンズになること。
ブロックカバー
 相手にブロックされたボールを処理すること。

●  ................................................................................................
平行トス
 ネットを平行に長く上げるトス。

●  ................................................................................................
ポジション
 守備位置。
ボールイン・グッド
 ボールがコート内に落ちること。
ホールディング
 ボールを手や腕で静止させる反則。

●  ................................................................................................
真上(直上)トス
 セッターが自分の頭上へ上げるトス。

●  ................................................................................................
ラインズマン
 線審。
ラリー
 ボールがコートに落ちずに打ち合いが続くこと。
ランニングサーブ
 前へ2歩以上踏み出してサーブすること。反則。

●  ................................................................................................
リバウンドプレー
 相手ブロッカーの手にわざと当てて、味方に有利なボールを呼び込むこと。

●  ................................................................................................
レシーバー
 主にレシーブを行う選手。

●  ................................................................................................
ローテーション

 サイドアウトごとに時計回りに1つずつポジションを移動すること。

●  ................................................................................................
ワンタッチ
 ブロッカーやレシーバーの手、体の一部にボールが触れること。

ビーチボールとは...


ビーチボール一般開放

ビーチボールに興味を持たれた方は
一般参加の開放に是非参加してみて
ください

ビーチボール用具販売先

ビーチボール関連用具の購入先を
ご紹介します

他県協会 他関連先

日本協会・全国各地協会
その他の関連先ホームページは
こちらから

掲示板

情報発信用としてご利用ください。
 入力時の必須項目は、
 投稿者・題名・内容です。